おもわず購入!埼玉の人気イベント縁側日和を満喫!雑貨・カフェ好きにおすすめ

ガーランドもおしゃれ
イベント

埼玉の久喜菖蒲公園で毎年開催されている「縁側日和」さんへおじゃましてきました!
埼玉中の人気カフェや雑貨屋さん等が集まるイベントで、駐車場で車が立ち往生するほどの人気ぶりで、会場も大賑わい!
公園ならではのロケーションなので、カップルのデートにもおすすめで写真映えするスポットもたくさん!
縁側日和の魅力やアクセス、開催時間等について、お話していきます。

縁側日和とは

縁側日和とは

縁側日和は久喜菖蒲公園で開催される埼玉県内のおしゃれな雑貨屋さんやカフェ、お花屋さん美容室など、、、
たっくさんのお店が集まるという、贅沢すぎるイベントです。
今年は、過去最高の116ものお店が集まり、会場は人で溢れかえり、駐車場も車で溢れかえり、、、(笑)

本当に大盛況!といった様子でした!

アクセス

久喜菖蒲公園
〒346-0028 埼玉県久喜市河原井町70

開催時間

10:00~15:30

縁側日和で避けて通れない駐車場問題

こちらは、毎回行かれている方はご存知かと思いますが、駐車場にほんといつも困ります。
人気イベントがゆえの悩みですが、時間が悪いと車で立ち往生というシチュエーションにもなりかねません。

縁側日和駐車場について

以前、14時ごろから向かった時は大惨事で(笑)、それからは開催時間の9:50くらいには会場近くに行くようにしています。
それでも、駐車場は埋まってきていたので、すんなり停めたい!って方は、もう少し早めに行かれることをおすすめします!

また、芝生でシート広げてピクニックしたいって方も、場所取りが大変そうですのでお早めに!

駐車場に関してですが、久喜菖蒲公園の駐車場が274台と臨時駐車場が380台用意されています。
ちなみに9:50くらいに向かっている私達は、会場から徒歩17分ほどの一番遠い駐車場に停めさせていただきました。
なので、あまり歩きたくないって方は、しつこいようですが早めに向かってくださいね。

それと、会場近くの路上で駐車されている車が並んでいるんですが、日曜祝祭日のみは駐車禁止が解除されるようで、停めてもいいんらしんです!
知らなかった~

けど、停められる場所はきっちり決められているので、要注意です!

バスでの行き方

混んでいる場所での駐車が得意でない方や、車で待つのが嫌、車を持っていないって方は、バスで行く方法もあります!

無料シャトルバス

縁側日和では無料シャトルバスも運行

JR久喜駅と久喜菖蒲公園をつなぐ無料シャトルバスも運行されています。
だいたい1時間に2本程度出ていて、なんとも親切。

公園のバス停で並ばれている人を見かけました。
時刻表を見て、早めに並ぶ必要は有るかもしれません。

路線バス

JR久喜駅から出ている、大和観光バスの路線バスで行くこともできます。

清久工業団地経由管理センター行
停留所:管理センター

停留所から会場までは、徒歩でおおよそ5分ほどで行けそうなので、無料シャトルバスの時間が合わなかったり、乗れなかった場合はこちらを利用するのも手ですね!

縁側日和の会場のようす

縁側日和会場のようす

まず、会場に着いてお店の多さに驚き!人の多さに驚き!
今までいろんなイベントに参加してきましたが、こんなにお店が立ち並ぶイベントはなかなか無いので、会場マップを見て、おお~!!
と興奮気味のわたし。

縁側日和パンフレット

会場は主に、3つのエリアに分かれていて、

会場中心に位置する日陰エリア、噴水近くのウッドデッキエリア、芝生エリアと分かれています。
雑貨、フード、その他といろんなお店が入り混じって出店されているので、歩いているだけでいろんなものが目に飛び込んできて忙しいこと。

縁側日和会場のようす

芝生エリアを歩いていると、割と周りの景色が同じなので方向音痴の私なんかは迷うわけですが、そんな時は日陰エリアへ向かいましょう。
とりあえず目立つところへ行って、リセットするのです!(笑)

こども向けのワークショップも開催

日陰エリアでは子供向けのワークショップが行われていたりと、子どもたちの楽しそうな姿も多く見られました。

インスタ映えおすすめスポット

やっぱり、公園ならではの緑いっぱいの芝生エリアがおすすめです!
ふと上を見上げると、かわいいガーランドも飾られています。

ガーランドもおしゃれ

縁側日和キャラクターも、ひっそりと隠れています。。。。

久喜菖蒲公園噴水エリア

噴水エリアのスワンボートも、カップルにおすすめ!
スワンボート、私達は体力の限界を感じ挑戦しませんでしたが、大人気のようで、スワンが気持ちよさそうに泳いでいました。
スワンボートからのイベントの様子もきっと、素敵な一枚になること間違いなし!

鴻巣市からの縁側日和出店者のみなさま

鴻巣市出店者縁側日和

116もの出店があるということで、残念ながら全てのショップをご紹介はできないため、、、
「鴻巣くらし」らしく鴻巣市から出店されていた、5つのショップさんを紹介していきたいと思います!

箱庭&立川園

箱庭さんは、鴻巣駅から徒歩2,3分で着くかわいいカフェ。
ゆったりケーキを楽しみたい時に、利用させていただいております。
立川園さんのおいしいお茶とのコラボ出店をされていました。

78coffee

78coffeeさんは、コーヒー豆を中心に雑貨なども売られているお店で、エルミこうのすの催事でもよく出店されているお店です。
インスタグラムのお写真も拝見していますが、いつもおいしいコーヒー豆の匂いが届いてきます。。。

いつかおじゃましたいな~と思っております!

にこにこmama’s×おやつ屋ほてこ

管理栄養士の方がされているお店で、ワークショップや無料栄養相談などもされています。
私なんかはなかなか普段は栄養のことまで考えて料理できていないので、栄養のことを考えられた食事に触れられる場所があるのは、なんだかいいですよね。

KUTA-KUTA

鴻巣に住んでいたら、ほとんどの方は知っている?と言っても過言ではない、ベーグルのお店「KUTA-KUTA」さん。
毎回すごい行列が並ぶほどの人気店。
店舗の営業は、週に3日ほど。ぜひ、お伺いしようと思います!

あらい農園

以前はグラフィックデザイナーをされていたという、びっくりする経歴をお持ちのあらい農園さん。
インスタグラムで並んでいるお写真も、デザインされたかのようにきれいなものが多くて、おいしそうです。

以上、個性豊かな5つのショップが、鴻巣市から出店されていました!
次はお声掛けして、お写真撮らせていただけたらなと思っております!
※ひとつひとつの出店者さまを調べたので、もし漏れがあれば、申し訳ないです。。。

縁側日和での購入品

では、最後に縁側日和での購入品を紹介します!(主におはなの趣味です。)

works×3さんのユーカリ

ユーカリが150円

もっさりしたユーカリが、なんと150円!?ということで、家に植物が既にもりもりとある我が家ですが、迷わず購入!
初めは水にいれて楽しみ、今はドライフラワーにして、飾っております。
ユーカリってきれいに水が抜けるので、ドライフラワー初心者にもおすすめですよ。

ミモザのリースなども販売

他にもミモザのリースや、雑貨などもかわいいものばかり。。。

worksx3さんのポストカード

そして、お花柄が繊細なポストカードも購入。
プリントされているんですが、手書きかな?ってくらいプリントもきれいにされていて、感動しました。

worksx3さんの命名書

赤ちゃんの命名書も受付されているようで、こんなに可愛い。。。
インテリアに馴染むものだと飾りやすくていいですね!

食堂cafe Lapin*さんの苺ソーダ

食堂cafe Lapin*さん

グラデーションがきれいな苺ソーダを購入!

苺のうまみがぎゅっと詰め込まれたシロップにシュワシュワのサイダーが、暑かったイベント当日に最高でした!

食堂cafe Lapin*さんの苺ソーダ

青空と、苺ソーダ!きれいだ!

縁側日和に出店するには?

こんな素敵なイベントだから、自分も出店してみたい!と思われた方もいらっしゃるのでは?

縁側日和に出店する方法

縁側日和では、埼玉県内で活動されている方限定で、3月ごろに出店希望者を募っているようです。
出店内容やアピールポイントなど、詳細を実行委員会あてに送り、応募することができます。

また来年も募集されるかはわかりませんが、興味のある方は、出店側で参加してみるのもいい経験になりそうですね。

まとめ

少し暑かった今年ですが、風もよく吹いていてほんと良いお天気の中イベントを満喫することができました。
来年はもっといろいろ購入してみなさんに紹介できるように、下調べしておこうと思います!

ただ、マップについて。
店名の頭文字で五十音順に番号がふられているんですが、雑貨、フード、その他とそれぞれ番号を1からふってあり、少し迷ってしまいました。。。

また、場所ごとに近い数字が固まっているのではなく、会場全体でばらばらになっているため、おばかな私は少し苦労しました。
100以上のお店があるんですもんね、そりゃ複雑になりますよね。

いや~それにしても、来年の開催が今から楽しみです。
運営のみなさま、出店者さま、ありがとうございます。

おはな

「おはな」といいます。お花がすきなので、おはなです。
関西から移住してきて、はや数年。移住して感じた”鴻巣のええとこ”を皆さんに伝えていきたいです!
このブログをきっかけに、インドア脱出を目指して奮闘中。

記事が気に入ったら
鴻巣くらしを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

鴻巣くらし

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA