歴史好きにおすすめしたい!
最新イベント「市収蔵品展」について

イベント
イベント

こんにちは。鴻巣くらしの「おはな」です。
吹上生涯学習センターで面白い展示がはじまるようなので、ご紹介します!

1月開催の展示イベント

その名も市収蔵品展
なんともお宝が拝めそうなイベント。。。

そう、これは普段見られないものが展示されるイベントだそうで、展示品には、

  • 高崎線開業当初のレール
  • 人物埴輪
  • 後陽成天皇御宸筆(勝願寺より借用)
    など

貴重なものを見ることができる展示会です。

今回は勝願寺さんの協力により展示される、「後陽成天皇御宸筆」について少し調べてみました!

後陽成天皇とは?

読みは、ごようぜいてんのう

安土桃山時代から江戸時代初期にかけての、第107代天皇です。
在位期間は1586年12月17日から11611年5月9日の約25年。

徳川家康を征夷大将軍に任命したのが、後陽成天皇だそうです。

宸筆とは?

読みは、しんぴつ
※宸翰(しんかん)や親翰(しんかん)とも、いわれるそうです。

天皇自筆の文書のこと。

そんなありがたやなものが、鴻巣市で見れるんですね。。。

そんな貴重な市収蔵品展の詳細は、以下の通りです。

場所 吹上生涯学習センター
鴻巣市吹上富士見1-1-1
日程 2018年01月19日~2018年02月01日
午前9時から午後9時
料金 無料
駐車場 駐車場の収容台数118台
駐輪場の収容台数84台
※吹上生涯学習センターは鴻巣市役所吹上支所の複合施設です。
備考 申し込み・予約不要で誰でも見ることができます。

 

古いものや、歴史が好きな方にはおすすめしたい貴重な展示です。
ぜひ、行ってみてくださいね!

ちなみに、私たちも期間中にお邪魔する予定です。
感想もレポートするのでお楽しみに!

 

おはな

「おはな」といいます。お花がすきなので、おはなです。
関西から移住してきて、はや数年。移住して感じた”鴻巣のええとこ”を皆さんに伝えていきたいです!
このブログをきっかけに、インドア脱出を目指して奮闘中。

記事が気に入ったら
鴻巣くらしを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

鴻巣くらし

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA